オーガニック商品が注目されるのはなぜ?

敏感肌にはオーガニックコスメ

季節に関係なく、定期的に湿疹や吹き出物などの肌荒れが起こるので、それを隠すためにファンデーションを厚塗りして、隠しているという方もあるでしょうね。
しかしそんなことをすると、余計に悪化する恐れがありますから、まずは普段使っているコスメを見直し、オーガニックタイプのものに切り替えることをおすすめします。
スーパーなどで売られている市販のコスメの多くには、防腐剤や着色料、香料などの余計な添加物が入っていますから、そのような化学製品が肌に触れると、深刻な肌ダメージが起きやすくなります。
しかしオーガニックコスメなら、肌に優しい天然成分のみで作られtているので、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。
美容成分が肌に優しく浸透し、うるおいを与えられるので、オーガニックコスメを使い続ければ、次第に肌荒れに悩まされることがなくなるはずです。
透明感のある、若々しい肌を手に入れるのも夢ではないので、試してみるようにしましょう。

オーガニックコスメと無添加・天然由来との違い

オーガニックコスメとは化学合成成分と呼ばれる「農薬」「肥料」などを使わずに育てた素材を利用して作られたコスメのことです。
素材の効果を活かして肌をケアしてくれる上に化学合成成分が入ったコスメと比較して肌への刺激があまりないのが特徴と言えます。
ですから、肌荒れを起こしやすい人でもオーガニックコスメであれば使用できるという場合も多々あります。
そんなオーガニック化粧品ですが、実は意外と知られていないことがあります。
それは「無添加」「天然由来」などの表記がある化粧品はオーガニックではないのです。
無添加とは防腐剤・石油系界面活性剤などの添加物が入っていないもののことを指し、天然由来というのも天然素材を加工したものが入っているもののことを指します。
天然素材が入っていれば「天然由来」という表記が使えますから、化学合成成分が入っていることもあるのです。
中には全て天然由来のものばかりを配合している化粧品もありますが、そうでないものもあることを覚えておくようにしましょう。

Favorite

カルティエの人気モデルを高価買取

Last update:2018/7/20

copyright(c) 2015 「Organic 100」 all rights reserved.